2016年7月18日月曜日

JC2016北海道大会 参戦記


ジャパンカップ北海道大会に参戦してきました!


地元札幌での開催は、移動にお金がかからないのがホントに助かります...





マシンはムラサキバンキを静岡から若干のリアブレーキ変更をしてみました。


結果から言うとオータムカップ2012以来の地元一次敗退(笑)



一次午前:2週したあたりの富士通トリプル
SでCO

右フロントが歪んでアッパースラストになってました。バックごとマシン1回落としたときになったのかなぁ。

なんにせよ、完全に無駄にしてしまった...



一次午後:DBのブレーキの効きは程よく、アルプス登りが効きすぎ。運悪くアルプス登りで速いマシンがいて完走2位。



前ブレーキは現場での変更は困難で、ブレーキスポンジの面積をいじる程度。

リアブレーキの位置を少し奥目に。



一次抽選:1コースがチャンピオンズ、2、3が遠征勢、4がわたし、5がビギナー

明らかにやばいので、電池垂らさずいったら開始4秒で123がドラゴンCO

しかしうちのマシンも次のドラゴンCOでおしまい。



リアブレーキ奥目やめときゃよかった
(´д`)



ダブルドラゴンはリアさえしっかり貼れば大丈夫なので、フロントブレーキの効きすぎが課題となりました。






さぁ次回は8月14日の仙台大会、ですがブレーキのテストをしっかりしたいので31日に日帰りフォースラボに向かいます。



そして次の日曜日、24日はHMSミニ四駆大会となります。


前回同様、白石区民センターになります。電源ロールが二つしかないため、長めのコードあると助かります。

HRDブースはストックが増えすぎたあれやこれやを出すかも?お楽しみに。



2016年7月12日火曜日

北海道大会直前! 遠征特集

ついにジャパンカップ北海大会が迫ってきました!準備はできましたか?

うちはなんもやってませんヽ(・∀・)ノ

今回は地元以外の人が札幌に来ることを想定して、役に立つかわかんない特集をします。


まずは会場となる真駒内セキスイハイムアイスアリーナへのアクセス!

新千歳空港についた時間によりますが、定番は


JR快速エアポート(札幌行きも小樽行きも一緒)で札幌駅まで行き、地下鉄南北線の真駒内行きに乗り終点まで乗って徒歩!

国内唯一のゴムタイヤを履いた鉄道を堪能あれ(南北線は路面ガッタガタですが)


あとは新千歳空港ターミナル一階から出発する、北斗交通の空港高速バスに真駒内行きというナイスな1本があります。

http://www.hokto.co.jp/a_airport_index.htm

7月から機内Wi-Fiもついて便利になりました。


ただし当日日帰りの場合はそのとき最短な方を探さないと、11時までのチェックインに間に合わない可能性があります。成田→都内くらいの移動距離はあるので、いやもっとあるか。


アイスアリーナの会場は屋内です。夏とはいえ元がスケートリンクなため、外より気温が上がりません。本州の方は上着一枚はあった方がいいです。
ちなみに大会当日の天候は晴れ又は曇り、気温は17℃~25℃となります。




あとは前日入りして楽しむ場合

交通機関で手軽に回れるミニ四駆常設店は、地下鉄東西線の琴似駅から「おもちゃの平野」さん、営業時間は10時~20時となってます。ミニ四駆以外にも、レトロゲームやおもちゃがあるのでそちら好きな方はどうぞ(^-^)

真駒内駅より札幌寄りの、南平岸駅を降りて行けるのは「オーム模型」。模型店としては歴史あるお店で、ちょいちょい見かけない品があるかも?

(ミニ四駆始めた2011年はMS限定キット、レア品の宝庫だったなぁ)

この辺は帰りに余裕あれば寄れるかも?


ちなみにオーム模型の地図にある「さっぽろ純連」は、札幌味噌ラーメンの人気店になります。脂で覆われた湯気のたたない熱々のスープはやけどに注意ですが、美味いです。誰か連れて昼に行きたいなぁ。



札幌中心部は4月にオープンした、ミニ四駆カフェバー「ポールポジション」があります。

大会前日夕方17時には、埼玉ニッピーさん主催の「ニッピーカップinポールポジション」が開催されます。札幌のレーサーがエントリー予定ですので、これはうちも出れそうなので行きますよ!


3レーンの腕を見せつけたい方は是非来てくださいヽ(・∀・)ノ

あとはすすきの近辺は、うちらもあまり詳しくないですし


回転寿司はトリトン、なごやか亭、花まるあたりかな?ただ郊外に店があるパターンが多いかなぁ。ちなみにうちの好きな寿司は、納豆巻きです(台無し)

ああとはコンビニで済ますなら、セイコーマートの店内調理商品「ホットシェフ」がオススメ。関東にもあるとか言わないでね。

ごり押しのピッカーニャは、ポールポジション裏にもオープンしたから24時間ステーキが食べれるよ!


それでは日曜日、会場でお会いしましょう(^^)v









2016年7月10日日曜日

課金シリーズ2 ミニ四駆72mm六角チタンシャフト

ミニ四駆課金シリーズ第二弾にして、パーツ単位では最大級クラスの課金率を誇るパーツ・・・

ミニ四駆72mm六角チタンシャフトセット(94326)

をご紹介します。

二次ブームが冷めきった時期に生産されたこのパーツは、2011年復帰当初は2,000~3,000円位で流通してました。ただ当時はその相場が理解できずスルーしてました。

それが今や10,000円を楽に超える、金やプラチナかよって相場に( ; ゜Д゜)


性能的には

・ノーマルや強化シャフトより軽く

・中空シャフトより頑丈

・ノーマルが曲がらない領域まではチタン特有の形状記憶機能が働きしなる

・曲がった場合は手曲げで治せる場合もある

といいとこどりなんですよね(゜_゜)

太さも微妙に太いため、スパーやクラウンの六角の遊びが減る(人によってはスパーが噛むという報告も)。

ホイールの貫通は1・8ミリじゃきついので、1・9に拡大しています。


走りの方は、着地のときに若干のサス効果があるとか言われてますが正直わかりません(笑)

ブラック強化によくある、スパーの軸噛んだりはないです。ギアトラブルは減ったような・・・


ちなみに精度はあまりよくないのも混ざってますが、ほとんど問題ないし高いので無視して使っています\(^o^)/





欠点はコースアウトしたときの被害が尋常じゃない。LCで飛んで壁にぶつかって1本曲げで7,000円・・・まぁこれは使う人が悪いんですがわらい


なのでオススメはできないパーツでした。
ちなみに社外は64チタン製と素材から違うからタミヤのと同じ特性ではないみたいです。


チタン以外だと、ラジ四駆強化シャフトや旧強化シャフトはオススメですが、これすら今や課金パーツ。

ラジ四駆シャフト買いまくって選別して半分以上捨てたのが懐かしい・・・

2016年7月7日木曜日

JC2016 静岡大会 参戦記


ついに初戦となるジャパンカップ2016、静岡大会にエントリーです。

会場は静岡駅南口からちょいと離れたツインメッセ静岡。札幌でいうとアクセスサッポロに近い施設です。

会場内はエアコンが効いてるのが北海道勢としては嬉しい!この日の静岡は34℃だったらしく、エアコンなかったら死んでたと思います・・・


コースは3面、ピットスペースは十分なんですが。

アプリのチェックインに時間がかかっており、会場には普段通りの列が(゜_゜)

30分程度並んでチェックインから会場入りしましたが、先に場所を取ってから列が空くのを待ってるひとが、いつまでも列が減らなくて結局並ぶはめに。

これは要改善をお願いしたい。北海道は関係ないだろうけど。


自分は午後のエントリーカードのため、午前中は観戦や雑談などで時間を費やす(案外あっという間)。





昼前にタクシーに乗り移動を開始、さわやか静岡インター店に向かうと・・・






超満員( ´△`)

ひとが店からあふれてる・・・


さずがに午後のレースに間に合わないので今回は断念。さわやかが食えない遠征になってしまった・・・

(夜食で無理矢理、新静岡ゼノバ店に行けばよかった( ´△`))





腹いせにツインメッセにあるレストランで、うな重を食ってやりました(`ヘ´)




さて午後のレース再開から、そろそろ出番がやってきました。走る準備をしていきます。

マシンメンテナンスは壊してなければ、基本的に現地でやります。

ギア類は破損はなくて少しセラグリスを塗る程度。

ラボで20回以上は電池を交換したので、ゴールドターミナルは新品に交換。

ローラーのベアリング類は、今年なんもやった記憶ないけど回るから無視ヽ(・∀・)ノわら



フォースラボでセットしたあんパイブレーキに、電池はもちろん富士通プレミアム新品、モーターはHD2。

まずはいきなり走らずに、マシンチェックコーナーへ。直前の車検落ちを防ぐのと、ドクターに顔見せて来たよ( ・∇・)って挨拶がてら

して会場のスピードチエッカーで速度測定。この二台あるスピードチエッカーは全国どこでも一緒(と勝手に思ってる)
なので、次の大会に必ず生かせます。

今回は36キロをマーク、測定が終わったら電池を新品に交換。

DB一発COの3秒で終わったりしないべーと思いつつ、せめてDB、アルプス、バーティカルチェンジャー、の3セクションは通過して挙動を確認したいところ。




車検場に並ぶときは、しっかりと雑魚キャラを選んで並ぶ。これ遠征時は大事。ラボで見たレーサーと当たったらオワタですからね・・・

車検では特に何も言われず通過、コースはAコースで4レーンスタート。


シグナルに注目して、スタート!

4レーン最初のグライドバンクからのタブルドラゴンをクリアして、

アルプスを登って、下った時に先導の5コースがコースアウト。アルプス頂上飛びすぎたようだ。

ムラサキバンキはアルプス下りの着地で少しブレーキを効かせながらも再加速・・・




あら、なんか速いわね( ・∇・)あかんやつか?

5レーンに突入、グライドバンクも食われず、ダフルDBもクリア、アルプスもスタート位置から見る限り理想的な感じで、バーティカルチェンジャーは超空気。

1レーンも通過して、これはトップタイム通過と思いきや、2レーン目のグライドバンクからダフルDBの減速が足りずコースアウト\(^o^)/


結局コースアウトでしたが、見たかった3セクションを通過したし、速度は明らかに速いながらもブレーキの効かせかたが理想に近いし。

なにより周りからも高評価をもらえたので、大きな収穫になりました(^-^)


後からTwitterで、Aコースの新品グライドバンクは傾斜が緩やかな新設計でブレーキが当たりにくいとのこと。

これは北海道大会にどちらのグライドバンクか来るかで微調整すれば対応できそう。

大会は17時に終了、静岡駅に移動し、夕飯を食べて、18時半の新幹線ひかりで帰路へ。

21時の飛行機で北海道に飛び、23時40分に自宅へ帰宅。

4時間以内で帰れるなんて、静岡が完全に射程内に収まりましたね(笑)



さて、ジャパンカップ次回は北海道大会。練習できてる道外勢が驚異なだけに、地元からチャンピオン出てほしいなぁ。

もちろん、自分はなるつもり満々で出場します(笑)









2016年7月6日水曜日

JC静岡参戦「横浜フォースラボ」編

7月2日は、横浜のフォースラボに昼から滞在しました。

12時の開店待ちで30人くらい?店はあっという間に満員になりました。


目玉はなんといってもJC2016を再現した5レーンコース!

各部実物とは違うという報告があるものの、違いを認識して走ればこれほど練習になるサーキットはありません。
2000円でフリーパス制なので長居もできます。


早速走らせてみると、3秒で段ボール箱に突撃しました(笑)

これ公式一発目にやってたらJCコースアウト最短記録更新だった・・・

まずはDBの攻略をしないとアルプスもバーニングもわからない!

ブレーキ変更で、DB通過!

アルプスは大丈夫だったり、着地から前転したりと不安定。

バーティカルチェンジャーは最初は余裕だったが、ブレーキいじってるうちに止まるように・・・。



おいおいこれ、北海道大会ですら一次危ういぞ(´・ω・`)

やってるうちに、これはやったらダメ!って範囲が見えてきて速くはないが完走率も上がり。

連戦になったときのブレーキの消耗具合なんかもわかったり。




とても収穫になりました。

5レーン走り放題がそもそも楽しい!

北海道やる前にきてよかったなぁ。


電池はほぼ富士通プレミアム一回使い捨て。48本ほどをフォースラボで消費。

今回からタスキ以降が富士通プレミアム支給なので、ネオチャンプで走っても意味はないので(キッパリ)

北海道の練習コースの時点で富士通プレミアムで走った方が速度が掴みやすいのでオススメします。(今からAmazonでポチれば週末には届くしょ(笑))


今だと苫小牧メガドンキホーテが、かなり近いレイアウトで10日に大会があるみたいです。

動画だけ見ましたが、なかなか雰囲気は掴めるかも。

是非行ってみてはどうでしょうか?



17時に横浜を後にし、18時半の新幹線こだまで静岡へ。

高校生の修学旅行以来の新幹線が楽しみでした(笑)

快適に静岡に到着、夜は静岡の居酒屋「海ぼうず」にて静岡名物を堪能しました。







2016年7月5日火曜日

JC静岡参戦「夜ふかしフライト」編

ジャパンカップ静岡大会に参戦するため、行きの飛行機をスカイマークの「夜ふかしフライト」にしてみました!



夜ふかしフライトはスカイマークが夏場に運行する深夜便、7月2日から10月まで増便となり金額がやたら安い!

7月2日(実質は(金)搭乗)
新千歳0時10分発→羽田2時00分着

で今回は5,780円!

朝の便が11,780円だったので6,000円安い。



こいつは遠征費節約に最適だ、羽田ついたら交通機関はタクシーしかないが、始発まで寝てりゃいいし・・・

と思ったら


羽田国内線ターミナルは深夜便が到着次第閉まるため、中にいることができない( ´△`)

国際線ターミナルは24時間やっているが、タクシーで移動するだけで2,000円オーバーだし荷物が危ない。

近いネカフェは蒲田駅付近にあるがタクシーで3,000円位にネカフェ代金ってもはや安さのメリットねぇよ\(^o^)/

てなわけで、わりと使い勝手が悪いことが判明。これ東京にクルマ持ちの友達とかいない限りは、メリットないなぁ。

でもキャンセルしたら、ほぼキャンセル料でなんも戻ってこないし・・・




ここは仕方ないから、スカイマークの降り立つ羽田第1ターミナルのコンパクトホテル「ファーストキャビン」に宿泊することに。お代は6300円、まぁとんとんで収まるか・・・

23時半に保安検査場を通過すると、中にはなかなか人が。空席はあるがかなりの利用客がいました。

羽田につくと沖縄行きの夜ふかしフライトを待つ客がこれまたたくさん。

みんな気合いだなぁと思いつつ、空港を一旦出てファーストキャビンの夜間通用口へ。

8時に起きて、風呂入って、飯くって、羽田たからパステルのプリン食って、10時にチェックアウトして他と合流。

早起きしなくていい、空港までの高速乗らずに節約できたから悪くはなかったです。


東京2以降の遠征に使えるかもしれないので、検討の価値はあるかもですぞ。成田より移動は格段に楽ですしね!